視能訓練士 熊本|西日本教育医療専門学校

視能訓練士学科_風景
TOP > 視能訓練士学科

確かな技術を習得して、信頼されるパートナーを目指して

視能訓練士になるためには

視能訓練士は国家資格を持った目のスペシャリストです。視能訓練士になるには、厚生労働大臣の指定する視能訓練士養成施設(専門学校等)か、文部科学大臣の指定する大学で、定められた教育課程を修了し、国家試験の受験資格を取得しなければなりません。その受験資格が取得できる専門学校は南九州では本校のみです。

就職状況2

視能訓練士(Orthoptist = ORT)

視能訓練士の業務は大きく分けて4つの分野があります。

@眼科一般検査

視力・眼鏡・コンタクトレンズなどの屈折異常に関する検査、緑内障・白内障などの疾患に関する視野・超音波・手術前検査などを行っています。

A視能矯正分野

斜視や弱視の精密な視機能検査を行い、それを基に視能訓練を計画します。

B検診分野

病気の予防には早期発見・早期治療が大切です。3歳児健康診断、就学前健康診断などにも参加しています。

C低視力者のリハビリ指導

生活習慣病などの疾患が原因で視機能が十分に回復しない方が増加しています。
そのような方に必要な補助具を選定、生活の質(Quality Of Life = QOL)の向上の為の指導を行います。

特殊機材1  特殊機材2 

本学科の特色

  • 3年間で取得可能な医療専門職
  • 高い就職率(平成26年度100%)
  • 専門性豊かな講師陣

就職状況

平成25年度卒業生

就職率100%!

平成26年度卒業生

学習のポイント

ポイント1

学習ポイント1

最新の医療機器を使ったきめ細かい校内実習

即戦力となる視能訓練士の養成を目指し、1年次より実習に多くの時間を割り当てており、光干渉断層計をはじめ最新の検査機器を原理から学習し、正確なに検査ができる力を身につけます。

ポイント2

学習ポイント1

視能訓練士としての資質及び先端的知識・技術を兼ね備えた人材の育成を教育理念としています。

3年次の臨地実習では実際の現場での高いレベルの技術・知識を習得します。
そして、チーム医療の一員としての責任と自覚を養い、
社会に貢献できる視能訓練士としての資質を高めていきます。

チーム医療の一員としての責任と自覚を養い、社会に貢献できる視能訓練士としての資質を高めていきます。

3年次の臨地実習では実際の現場での高いレベルの技術・知識を習得します。

主な科目

●心理学 ●論理学 ●生物学
●物理学 ●数学・統計学
●英語 ●保健体育 ●解剖学
●生理学 ●臨床心理学
●保育学T ●看護学
●視器の解剖生理学
●医療関係法規 ●社会福祉
●眼科リハビリテーション
●視覚生物学 ●基礎視能矯正学T
●基礎視能矯正学U
●基礎視能矯正学V
●視能検査学T ●視能検査学U
●視能検査学V ●眼疾病学
●保育学U ●病理学 ●眼薬理
●内科学 ●神経内科学
●小児科学 ●精神医学
●公衆衛生学 ●視覚情報理論
●眼科総合医療論
●眼科臨床検査学 ●視覚生理学
●視能検査学W ●視能検査学X
●神経眼科 ●斜視弱視論T
●斜視弱視論U ●斜視弱視論V
●視能訓練学T ●視能訓練学U
●視能訓練学V ●ロービジョン学
●基礎視能矯正学W
●視能矯正学研究法
●視能訓練学X
●臨地実習
視能訓練士としての教養および
基礎基本を重視した授業
※学年後半に国家試験対策を実施
視能訓練士としての高度な理論
と実技とを組み合わせた授業
※年間を通した定期的な国家試験 対策を実施
視能訓練士として先端的な理論と 実技および臨地実習
※模擬試験形式による国家試験対策を実施

学生の1日

視能訓練士の1日

ページ上部に戻る

資料請求はこちらから
募集要項はこちらから
学校に関する質問はこちらから
学校に関する質問はこちらから
QRコードでもアクセスできます!

ページ上部へ